公立高校への英語問題集

公立高校入試へ向けて、あなたの英語力を確実なものとしますよ

*

be動詞の書き換え問題で考えること

       

   

be動詞の文の「書き換え問題」を考えましょう。

7 指示通りに書き換えなさい。
(1) There are some cherry trees in the garden. (treesをtreeに)
(2) It is rainy today. (todayをtomorrowに)
(3) You are kind to old people. (命令文に)
(4) Mary is a girl with blue eyes. (疑問文に)
(5) Alice is a good friend. (AliceをAlice and Iに)
(6) I was interested in speaking English. (否定文に)
(7) Were you and your friend late for the English lesson? (現在形に)
(8) This is a desk. (ThisをTheseに)
(9) English is spoken by many people in the world. (過去形に)
(10) These pencils are mine. (pencilsをpencilに)

《解説》
(1) There /are /some cherry trees /in the garden. (treesをtreeに)
      V   S                           M
  『There構文』なので、主語は some cherry trees です。
  『some+数えられる名詞の複数形』なので tree と単数では some は使えません。
  『動詞の決定要件』PDF<4>を確認して、動詞を対応させます。
  *There is a cherry tree in the garden.

(2) It /is /rainy /today. (todayをtomorrowに)
  S  V   C       M
  『時制は動詞で表し、副詞に表れる』という考え方をします。
  tomorrow は未来時制につく副詞です。
  *It will be rainy tomorrow.

(3) You /are /kind /to old people. (命令文に)
  S     V     C      M
  『命令文:2人称の主語を省略して、動詞の原形から始める文』
  *Be kind to old people.

(4) Mary /is /a girl with blue eyes. (疑問文に)
  S       V   C     ←
  『be動詞は機能語』『疑問文:機能語を文頭に出す』を適用します。
  *Is Mary a girl with blue eyes?

(5) Alice /is /a good friend. (AliceをAlice and Iに)
  S       V  C
  『S=Cは、意味の上でも数の上でも成り立つ』という考え方です。
  主語を Alice and I と複数にすると、動詞を対応させ、補語Cも対応させます。
  複数の主語で現在時制は are、a good friend を複数にすると good friends。
  *Alice and I are good friends.

(6) I /was /interested /in speaking English. (否定文に)
  S V      C               M
  『be動詞は機能語』『否定文:機能語+not』を適用します・
  *I was not interested in speaking English.

(7) Were /you and your friend /late /for the English lesson? (現在形に)
  V       S                             C      M
  『時制は動詞で表し、副詞に表れる』です。この問題では副詞はありません。
  *Are you and your friend late for the English lesson?

(8) This /is /a desk. (ThisをTheseに)
  S      V  C
  『S=Cは、意味の上でも数の上でも成り立つ』という考え方です。
  *These are desks.

(9) English /is spoken /by many people /in the world. (過去形に)
  S          V              M                       M
  『時制は動詞で表す』のですね。
  *English was spoken by many people in the world.

(10) These pencils /are /mine. (pencilsをpencilに)
       S                    V     C
  『S=Cは、意味の上でも、数も上でも成り立つ』『動詞の決定要件』を考えます。
  *This pencil is mine.

これで「be動詞」の確認は終了です。be動詞は「進行形」「受身形」「現在完了形」「命令文」などでも、重要な動詞ですので、基本となる考え方をきちんと理解しておいてください。

 

 

 - be動詞 ,

PR1

PR

PR1

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

be動詞の選択問題と空所補充問題

「be動詞」の文の「和訳」と「英作文」の手順は分かりましたか。 英語問題を考える …

be動詞の連立完成問題と書き換え問題

「連立完成問題」とやさしい「書き換え問題」を練習します。考えるための根底にあるの …

”考える英語”を始めます!be動詞から

公立高校の受験を目指すあなたに、効率よく中学英語のまとめをしていただくための問題 …

be動詞の和訳と作文

それでは、演習問題と取り組みましょう。「英文和訳」問題の手順を覚えてください。英 …

/** customize **/ #wrapper { max‐width:1020px; } .adLeft { float:left; } .smanone { float:right; }