公立高校への英語問題集

公立高校入試へ向けて、あなたの英語力を確実なものとしますよ

*

不定詞・動名詞の英作文と整語序列問題

       

   

54 次の英作文をしなさい。
(1) 母はいつも、私の話を聞くのを楽しんでいました。
(2) どうか、ピアノを弾くのをやめてください。
(3) 私はとても疲れていたので動けません。
(4) 京都では何を見たらよいか知りたいのです。

《解説》
英作文の問題では、「英語のカタマリ」を意識して『訳し下し文」を作るのですね。

(1) 母は / いつも、私の話を聞くのを/ 楽しんでいました。
  S       M         O                        V
 →母は / いつも / 楽しんでいました / 私の話を聞くのを
  S        M          V                         O

  「いつも」は『頻度・回数を表す副詞』なので『be動詞の後、一般動詞の前』です。
  always・often・usually・sometimes・never など

  「楽しむ」は「enjoy」で、『動名詞だけを目的語にとる動詞』
      → enjoy・finish・stop・mind・give up など

  *Mother always enjoyed hearing my story.

(2) どうか、ピアノを弾くのを / やめてください。
                 O                         V
 →どうか/ やめてください / ピアノを弾くのを
  M         V                      O
  「やめる」は「stop」で、動名詞を目的語にとる動詞ですね。
  *Please stop playing the piano.

(3) 私は / とても疲れていたので / 動けません。
  S       C                               M
  「とても~なので…できない」『too ~ to …』の構文ですね。
  『so ~ that S cannot …』でも表すことができます。
  *I am so tired that I cannot move.
  *I am too tired to move.
  『too は「あまりにも~すぎる」と「過度」を表し、否定の意味を含みます』

(4) 京都では何を見たらよいか / 知りたいのです。
  O                                    V
  「京都では何を見たらよいでしょう」
  → What shoud I see in Kyoto?
  「私はそれを知りたい」
  → I want to know it.
  この2文を結びつけると「間接疑問文」になりますね。
  *I want to know what I should see in Kyoto.
  間接疑問文のところを「疑問詞+to-V ~」で書き換えます。
  *I want to know what to see in Kyoto.

55 (  )内の語を正しく並べ換えなさい。
(1) あなたの誕生日にご招待くださってありがとう。
  ( birthday, for, inviting, me, on, thank, you, your )
(2) 私たちは花子にギターを弾いてくれるように頼みました。
  We ( Hanako, guitar, play, to, the, for, asked ) us.
(3) 彼女は英語の辞書の使い方を知りません。
  She ( an English dictionary, how, know, use, to, doesn’t ).
(4) このバッグは重すぎて私には運べません。
  ( bag, carry, for, heavy, is, me, this, to, too ).

《解説》
(1) あなたの誕生日にご招待くださって / ありがとう。
  M                                                V
  「あなたは、あなたの誕生日に私を招待する」
  → You invite me on your birthday.
  「ありがとう」「Thank you for ~」と表現します。
  『前置詞の後は、➀名詞 ②目的格 ③動名詞』ですね。
  *Thank you for inviting me on your birthday.

(2) 私たちは / 花子に / ギターを弾いてくれるように / 頼みました。
  S            O           O                                       V
  「人に~するように頼む」「ask+人+to ~-V」です。
  内容から「(私たちのために)ギターを弾いてくれるように」でしょうね。
  *(We) asked Hanako to play the guitar for (us).

(3) 彼女は / 英語の辞書の使い方を / 知りません。
  S          O                              V
  「~の使い方」『how S should do ~』または『how to do ~』です。
  *She doesn’t know how she should use an English dictionary.
  これを不定詞を用いて書き換えます。
  *(She) doesn’t know how to use an English dictionary.

(4) このバッグは / 重すぎて / 私には / 運べません。
  S                  C              M          M
  「~すぎて…できない」『too ~ for △ to …』の構文ですね。
  *This bag is too heavy for me to carry.

 - 不定詞, 動名詞

PR1

PR

PR1

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

不定詞・動名詞の空所補充問題と用法

56 (  )内に適語を入れなさい。 (1) すぐにその質問に答えるのは容易では …

不定詞・動名詞・分詞

《不定詞・動名詞・分詞のポイント》 ※不定詞・動名詞・分詞の使い分け…PDF<1 …

不定詞・動名詞の連立完成問題と書き換え問題

58 次の2文が、ほぼ同じ内容になるよう適語を入れなさい。 (1) I can& …

/** customize **/ #wrapper { max‐width:1020px; } .adLeft { float:left; } .smanone { float:right; }