公立高校への英語問題集

公立高校入試へ向けて、あなたの英語力を確実なものとしますよ

*

不定詞・動名詞の空所補充問題と用法

       

   

56 (  )内に適語を入れなさい。
(1) すぐにその質問に答えるのは容易ではありません。
  It isn’t (   )(   )(   ) the question at once.
(2) 私は夕方することがたくさんあります。
  I have a (   )(   ) things (   )(   ) this evening.
(3) 私たちは彼にすぐ出発するように言いました。
  We (   ) him (   )(   ) at once.
(4) 彼は英語をうまく話します。
  He is good (   )(   ) English.

《解説》
(1) すぐにその質問に答えるのは / 容易では / ありません。
  S C V
  It / isn’t / (   ) / (   )(   ) the question at once.
  [S] V        C              S
  「It is ~ for △ to-V …」の仮主語の構文ですね。
  「容易な、簡単な、やさしい」は「easy」を使います。
  It isn’t ( easy )( to )( answer ) the question at once.

(2) 私は / 夕方 / することがたくさん / あります。
  S       M       O                            V
  I / have / a (   )(   ) things (   )(   ) / this evening.
  S   V        O                               ← M
  「することがたくさん」は「する→ことがたくさん」と形容詞用法の不定詞で表します。
  I have a ( lot )( of ) things ( to )( do ) this evening.

(3) 私たちは / 彼に / すぐ出発するように / 言いました。
  S             O       O                           V
  We / (   ) / him / (   )(   ) at once.
  S       V            O       O
  「人に~するように言う」「tell+人+to-V ~」の構文ですね。
  We ( told ) him ( to )( start ) at once.

(4) 彼は / 英語を / うまく / 話します。
  S       O          ?           V
  He / is / good / (   )(   ) English.
  S     V   C          M
  「is good」から『be good at ~~が上手である』を考えます。
  「at」は前置詞なので「動名詞」が続きます。
  He is good ( at )( speaking ) English.

57 次の文の、不定詞の用法を答えなさい。
(1) My sister began to study Ftrench.
(2) He wanted something to eat.
(3) Ted went to the sea to fish.
(4) A lot of people came to work in the village.
(5) I want you to help me.
(6) They have no house to live in.

《解説》
(1) My sister / began / to study Ftrench.
  S              V          O
  「to study French」は「began」の目的語になっています。
  『目的語になれる品詞:名詞・代名詞』ですね。
  *名詞的用法

(2) He / wanted / something to eat.
  S     V            O             ←
  「to eat something」と「something が eat の目的語になれる」のを確認します。
  このことから「to eat はsomething を目的格修飾している」ことがわかります。
  『…thing to-V~』の形はほとんどが「to-V~ は …thingを修飾」です。
  *形容詞的用法

(3) Ted / went / to the sea / to fish.
  S      V        M                M
  「to the sea」は「海へ」と『場所を表す副詞』です。
  『M のうしろは M』と考えてよい。
  *副詞的用法

(4) A lot of people / came / to work in the village.
  S                      V         M
  「go, come, run, walk, fly, arrive」などの『往来発着動詞』は自動詞と覚えておきましょう。
  「自動詞は目的語をとらない動詞」なので、これに続くのは副詞です。
  *副詞的用法

(5) I / want / you / to help me.
  S   V       O       O
  『want・ask・tell+人+to-V~』は『S+V+O+Oの文型』です。
  *名詞的用法

(6) They / have / no house to live in.
  S        V        O           ←
  「to live in the house」と「house が live in の目的語になれる」でしょ。
  このことから「to live in は no house を目的格修飾している」とわかります。
  *形容詞的用法

 - 不定詞, 動名詞

PR1

PR

PR1

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

不定詞・動名詞の連立完成問題と書き換え問題

58 次の2文が、ほぼ同じ内容になるよう適語を入れなさい。 (1) I can& …

不定詞・動名詞の英作文と整語序列問題

54 次の英作文をしなさい。 (1) 母はいつも、私の話を聞くのを楽しんでいまし …

不定詞・動名詞・分詞

《不定詞・動名詞・分詞のポイント》 ※不定詞・動名詞・分詞の使い分け…PDF<1 …

/** customize **/ #wrapper { max‐width:1020px; } .adLeft { float:left; } .smanone { float:right; }